読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者のためのExtJS入門

ExtJSを使うので、ついでにまとめていきます

グリッドの機能:カラム(列)[modern]

ExtJS

今回はmodernのグリッドを試してみます。

modernのグリッドはExt.grid.Gridクラス(http://docs.sencha.com/extjs/6.2.1/modern/Ext.grid.Grid.html)です。classicの場合とクラス名が異なるみたいです。あと、パネルクラスを継承していないので注意が必要です。

モデル・ストア

流用して↓のようにしました。

/**
 * 商品モデルクラス。
 *
 * @class Sample.model.Item
 * @extend Ext.data.Model
 */
Ext.define('Sample.model.Item', {
    extend: 'Ext.data.Model',

    fields: [
        {
            name: 'id',
            type: 'int'
        },
        {
            name: 'name',
            type: 'string'
        },
        {
            name: 'price',
            type: 'int'
        },
        {
            name: 'isActive',
            type: 'boolean',
            defaultValue: false
        },
        {
            name: 'created',
            type: 'date'
        }
    ]
});

/**
 * 商品ストアクラス。
 *
 * @class Sample.store.Item
 * @extend Ext.data.Store
 */
Ext.define('Sample.store.Item', {
    extend: 'Ext.data.Store',
    alias: 'store.item',

    requires: [
        'Ext.data.proxy.Memory',
        'Sample.model.Item'
    ],

    model: 'Sample.model.Item',

    proxy: {
        type: 'memory'
    },

    data: [
        { id: 1, name: '商品1', price: 1000, isActive: true, created: new Date() },
        { id: 2, name: '商品2', created: new Date() },
        { id: 3, name: '商品3', created: new Date() },
        { id: 4, name: '商品4', created: new Date() },
        { id: 5, name: '商品5', created: new Date() },
        { id: 6, name: '商品6', created: new Date() },
        { id: 7, name: '商品7', created: new Date() },
        { id: 8, name: '商品8', created: new Date() },
        { id: 9, name: '商品9', created: new Date() },
        { id: 10, name: '商品10', created: new Date() },
        { id: 11, name: '商品11', created: new Date() },
        { id: 12, name: '商品12', created: new Date() },
        { id: 13, name: '商品13', created: new Date() },
        { id: 14, name: '商品14', created: new Date() },
        { id: 15, name: '商品15', created: new Date() },
        { id: 16, name: '商品16', created: new Date() },
        { id: 17, name: '商品17', created: new Date() },
        { id: 18, name: '商品18', created: new Date() },
        { id: 19, name: '商品19', created: new Date() },
        { id: 20, name: '商品20', created: new Date() }
    ]
});

ビュー

今回はNumber、Check、Dateの3つのカラムクラスを使っています。

/**
 * 商品一覧グリッドクラス。
 *
 * @class Sample.view.main.List
 * @extend Ext.grid.Grid
 */
Ext.define('Sample.view.main.List', {
    extend: 'Ext.grid.Grid',
    xtype: 'main_list',

    requires: [
        'Ext.grid.column.Number',
        'Ext.grid.column.Check',
        'Ext.grid.column.Date'
    ],

    title: '商品一覧',

    store: 'Item',

    columns: [
        {
            dataIndex: 'id',
            text: 'ID',
            align: 'right'
        },
        {
            dataIndex: 'name',
            text: '商品名',
            minWidth: 300,
            flex: 1
        },
        {
            xtype: 'numbercolumn',
            format:'0,000円',
            dataIndex: 'price',
            text: '金額',
            align: 'right'
        },
        {
            xtype: 'checkcolumn',
            dataIndex: 'isActive',
            text: '有効状況',
            sortable: false
        },
        {
            xtype: 'datecolumn',
            format: 'Y/m/d H:i',
            dataIndex: 'created',
            text: '登録日時',
            width: 180
        }
    ]
});

/**
 * メインパネル。
 *
 * @class Sample.view.main.Panel
 * @extend Ext.Panel
 */
Ext.define('Sample.view.main.Panel', {
    extend: 'Ext.Panel',
    xtype: 'main_panel',

    requires: [
        'Sample.view.main.List'
    ],

    layout: 'fit',

    items: {
        xtype: 'main_list'
    }
});

f:id:sham-memo:20170217144921p:plain

↑はiPadのサイズで表示しています。スマフォのような小さい画面サイズの場合は横スクロールが発生しました。

基本的なグリッドの使い方はclassicと同じです。カラムクラスは少し数が少ないですが、モバイル表示の場合はclassicほど要求が少ないのかもしれません。

個人的な感想ですが、横スクロールが発生するので、実際のアプリケーションに適用するのは難易度高そうです。ただし、それはスマフォの場合だけでタブレットの場合は横スクロールぐらい気にならないと思うので、タブレット向けには使っていけそうです。スマフォかタブレットかで、ビューを切り替えるような実装もありかもしれませんね。